五瓣の椿

父の恨みを晴らすために、好色な母と関係した男達を誘惑し、一人ずつ殺害していく娘おしのの復讐を描く。その男達は、三味線引き蝶太夫、婦人科医、札差屋の伜、芝居茶屋の出方、袋問屋の主人とさまざまだが、死体の傍らにはつねに一輪の椿が残されていた。この陰惨な物語を、岩下志麻は内に気丈さと気品を湛えた演技で好演し、代表作の一つとした。撮影の川又昂による主人公の心理描写も見逃せない。


作品情報1964年/松竹(大船)/カラー/2h43
監督:野村芳太郎 原作:山本周五郎
出演:岩下志麻、田村高広、伊藤雄之助、加藤嘉、左幸子、入川保則、加藤剛、小沢昭一、西村晃、岡田英次、山岡久乃
上映日
10/31(土)14:40
11/1(日)15:10
11/2(月)13:00
11/3(火)10:00
11/4(水)18:00
料金500円(前売り・当日とも)
前売り券:9/20(日)より当館受付(9:30〜)にて発売(上映日前日まで)
※整理番号付きチケット、自由席、整理番号付き入場、各回入替制(定員113名)
※上映時間等はやむをえない事情により変更する場合があります
※特別興行につき、アルテリオ・シネマ会員のスタンプ押印対象とはなりません
その他平成21年度優秀映画鑑賞推進事業 女優たちの昭和名作シネマ

優秀映画鑑賞推進事業とは
文化庁と東京国立近代美術館フィルムセンターが主催となり、広く国民の皆様に優れた映画を観賞していただくことを目的に、映画史を代表する作品や多くの人々に好評を博した作品を選出し、各地で上映しています。

主催:川崎市アートセンター、文化庁、東京国立近代美術館フィルムセンター
協力:コミュニティシネマセンター
このページのトップへ