白い馬

自由と共生を求めて

南仏の荒れ地に生息する野生馬の中にひときわ美しい “白いたてがみ”と呼ばれる馬がいた。たったひとりの少年だけがその馬と強い絆で結ばれているのだった。
シネ・ポエムと称される監督アルベール・ラモリスの世界は、シンプルなストーリーとわずかなセリフによって構成されているのにも関わらず、そこに描かれる愛、友情、喜び、切なさが心に強く迫ってくる。待ち望まれていた映画がスクリーンで息を吹き返す。


(c)Copyright Film Montsouris 1953
作品情報1953年/フランス/40分
監督:アルベール・ラモリス
出演:アラン・エムリー、ローラン・ロッシュ、ジャンピエール・グルニエ(ナレーター)
受賞歴:1953年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞

上映日
12/14(日)〜12/19(金)10:30 17:30
12/20(土)〜12/28(日)13:00
※月曜休映(祝日の場合、翌平日休映)
料金一般1500円/大学・専門生1200円/シニア・障害者・付添・会員1000円/高校生以下800円
公式サイトhttp://ballon.cinemacafe.net/
その他◎「赤い風船」「白い馬」は2本同時上映
このページのトップへ