アルテリオ映像館TOPアーカイブ2008年 > サイドカーに犬

サイドカーに犬

豪快、大ざっぱ、大胆、でも時々涙

原作は、長嶋有のデビュー作同名小説。会社勤めの薫は30歳、独身。有給休暇をとった薫は、ふと20年前の夏の日を思い出す。母が家を出て行った数日後、颯爽と現れたヨーコは、「ご飯つくりにきただけ」と言った。大らかで気が強く自由奔放なヨーコに、内気な薫も影響され、ありのままの自分を解放させる楽しさを味わっていく。心温まるヒューマンドラマ。


(c)『サイドカーに犬』フィルムパートナーズ

作品情報2007年/ビターズ・エンド/カラー/94分
監督:根岸吉太郎/撮影:猪本雅三/録音:横溝正俊/編集:小島俊彦
出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、椎名桔平、寺田農、温水洋一、谷山毅

上映日
12/11(木)20:00
12/12(金)10:30
12/13(土)13:00★
★…講座付き上映 ※月曜休映
料金【上映のみ】
当日:一般1000円/大学・専門生・シニア・障害者・付添・会員800円/高校生以下500円

【講座付き上映(講座1、2、3)】
前売り・当日:一般1500円/大学・専門生・シニア・障害者・付添・会員1200円/高校生以下500円
その他■講座3 編集
12/13(土)13:00〜17:00
講師:エディター 小島俊彦
「サイドカーに犬」鑑賞+講義と編集ワークショップほか

◎映像館にて編集の実演も

同作品をみながら編集の技を解説。そして、出演者はあなた!小型カメラで撮った芝居の映像と既存の映像を編集。編集マジックによって「サイドカーに犬」の出演者と夢の共演が実現します。
※終了後、希望者はアートセンター3階の編集機材(ファイナルカット)を使って編集ミニ体験講座も実施。先着6名まで(事前予約制・見学のみは自由参加)。

▼小島俊彦(エディター)

1960年生まれ。北海道出身。80年横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)を卒業後、岡安プロモーションに入社。編集技師・岡安肇氏に師事する。編集助手として今村昌平監督作品「楢山節考」「黒い雨」に参加。早くからノンリニア編集に取り組み、日本初のノンリニア編集での劇映画「Undo」(94年、監督:岩井俊二)で劇場デビュー。
主な映画作品は岩井俊二監督の「Love letter」「PICNIC」、鈴井貴之監督「river」、金守珍監督「ガラスの使徒」。劇場用アニメ作品として高畑勲監督「ホーホケキョ となりの山田くん」(99年)、原恵一監督「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」(99年)、「河童のクゥと夏休み」(07年)等がある。
このページのトップへ