アルテリオ映像館TOPアーカイブ2012年 > 【開館5周年記念特集】佐藤忠男の日本映画講座(第2回)

【開館5周年記念特集】佐藤忠男の日本映画講座(第2回)

「佐藤忠男の日本映画講座」
日本映画大学学長でもある映画評論家佐藤忠男が、松竹、東宝、大映、東映、日活の邦画5社を代表するジャンルの中から傑作1本を選定。10月から5回シリーズで上映と講演を行います。

佐藤忠男
 娯楽映画、エンタテインメント系の映画はふだんあまり、議論の対象にはなりません。もともとそれは分かりやすく出来ているものですから解説の必要もないし、しち難しく論じたりすることも野暮だということでそうなっているのだと思います。しかしはたしてそうでしょうか。広く深く観客大衆に愛された映画にはそれだけの理由があるはずです。じつは私は半世紀前にそういう問題を大まじめに論じる変り者の新人批評家としてデビューしたのですが、ここで改めて初心に帰って、この問題を考え直してみようと思います。おつきあいいただけたら倖いです。


(C)角川映画
作品情報第2回・大映時代劇
■沓掛時次郎

1961(S36)年/大映京都/カラー/シネスコ/1h27/35mm
監督:池広一夫/脚本:宇野正男、松村正温/原作:長谷川伸/撮影:宮川一夫/音楽:斎藤一郎/美術:西岡善信
出演:市川雷蔵、新珠三千代、杉村春子、志村喬、島田竜三

一宿一飯の恩義から討っ手に加わった渡世人が、殺された男の遺した妻と幼子を故郷に送り届ける。大映で長谷川一夫に代わる新たなスターとなった市川雷蔵が、新鋭池広一夫と組んだ股旅物で、撮影は日本映画の至宝宮川一夫。

佐藤忠男のひとこと解説
『沓掛時次郎』は昭和初期以来、数えきれぬほど繰り返し映画化されてきた股旅ものの名作です。市川雷蔵くらいこの主役にふさわしい俳優はちょっといないのではないでしょうか。
上映日
11/25(日)13:00
料金一般1200円/大学・専門学校生・シニア・障がい者・付添(1名まで)・会員1000円/高校生以下800円
ゲストトーク★上映後、佐藤忠男さん(映画評論家/日本映画大学学長)による講演あり
その他今後の予定
■第3回「東宝喜劇映画」12/23(日・祝)13:00〜
■第4回「日活ロマンポルノ」1/27(日)13:00〜
■第5回「東映任侠映画」2/17(日)13:00〜

===================
■第1回「松竹メロドラマ」10/28(日)13:00〜
このページのトップへ