アルテリオ映像館TOPアーカイブ2017年 > 海辺の生と死

海辺の生と死

島の娘と特攻隊隊長が 奄美の“神の島”で結ばれる

昭和19年、太平洋戦争末期の奄美の島に、海軍の特攻艇部隊が着任する。国民学校の教員トエは、隊長の朔中尉と知り合い、ふたりは次第に惹かれあう。戦後、傑作「死の棘」を発表した作家島尾敏雄と妻ミホの伝説的な恋愛を、奄美の美しい風物とともに映画化。


©2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
作品情報2017年/日本/カラー/ビスタ/2h35/DCP
監督・脚本:越川道夫
原作:島尾ミホ「海辺の生と死」、島尾敏雄「島の果て」ほか
出演:満島ひかり、永山絢斗、津嘉山正種、川瀬陽太、井之脇海
上映日
8/26(土)〜9/1(金)17:25
9/2(土)〜8(金)16:45
※休映・・・8/28(月)、9/4(月)
料金一般1800円/大学・専門学校生1400円/シニア・障がい者・付添(1名まで)・会員1000円/高校生以下800円
公式サイトhttp://www.umibenoseitoshi.net/
このページのトップへ