アルテリオ映像館TOPアーカイブ2018年 > ぼくの名前はズッキーニ

ぼくの名前はズッキーニ

子どもだったころが蘇る フランスから来た胸キュンアニメ

ビールばかり飲んでいた母親が事故で亡くなり、みなしごとなった9歳の少年は孤児院に入るが、そこには個性豊かな仲間たちがいた。子どもたちを取り巻く現実を鮮やかに描き出し、アカデミー賞にもノミネートされたストップモーション・アニメーションの秀作。

<3/17(土)〜字幕版、3/24(土)〜吹替版>


(C)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016
作品情報2016年/スイス、フランス/カラー/ビスタ/1h06/DCP
監督:クロード・バラス
脚本:セリーヌ・シアマ
原作:ジル・パリス
日本語吹替版:峯田和伸、麻生久美子、リリー・フランキー
●16年アカデミー賞 長篇アニメーション賞ノミネート
●16年アヌシー国際アニメーションフェスティバル 作品賞&観客賞
●16年セザール賞 脚色賞&長篇アニメーション賞

上映日
3/17(土)〜23(金)18:05 <日本語字幕版>
3/24(土)〜30(金)14:25<日本語吹替版>
※休映・・・3/19(月)、3/26(月)
料金一般1800円/大学・専門学校生1400円/シニア・障がい者(付添1名まで)・会員1000円/高校生以下800円
公式サイトhttp://boku-zucchini.jp/
このページのトップへ