アルテリオ映像館TOP上映作品 > 三鉄を救え!三陸鉄道チャリティー上映会

三鉄を救え!三陸鉄道チャリティー上映会

10/8(土)追加開催決定!

3.11―東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県の三陸鉄道。鉄道は地元の人々にとっては命のレール。電車が走れるように、三鉄全線復活を祈願してチャリティー上映会を行います。


(C)「1000年の山古志」製作委員会
作品情報■おらほの鉄道〜三鉄沿線奮闘記〜
2008年|日本|40分|DVCAM|監督:鈴木宏子
1994年以降赤字での操業を余儀なくされた三陸鉄道。しかしそこには、復興をめざし“おらほの鉄道”とともに生きていく三陸の人々の姿があった。東日本大震災前の貴重な姿をおさめた2008年日本映画学校の卒業制作作品。

■1000年の山古志
2009年|日本|90分|DVD|監督:橋本信一
2004年10月23日、中越大震災発生。長岡市と合併寸前の山古志村は全村崩壊した。崩壊した田んぼに水を引き、鯉を育て、ひまわりを植える…震災により人生の岐路に立たされた住民たちの5年におよぶ復興のドキュメンタリー。
上映日
10/8(土)10:00 14:00 (2本立て)
料金[チケット]前売・当日ともに1500円
[ご購入方法]9月13日(火)より入場整理番号付きの前売券 販売・予約受付開始!
当館受付にて購入⇒9:30〜19:30(連日受付)
当館電話にて予約⇒044-955-0107(平日9:30〜19:30/当日精算)
※満席の場合はご鑑賞いただけませんので、事前にご購入、ご予約をおすすめします。
※当日券は各回上映開始の30分前よりアートセンター2Fチケット窓口にて販売いたします。
※上映開始10分前開場/自由席/整理番号順入場
◎本上映の収入は、必要経費を除き全額三陸鉄道に送られます。
ゲストトーク★上映後トークあり!ゲスト:千葉茂樹監督(「おらほの鉄道」指導監督/日本映画学校校長)×武重邦夫さん(『1000年の山古志』プロデューサー)
公式サイトhttp://ameblo.jp/santetu1000/
その他[KAWASAKIしんゆり映画祭関連企画]
主催:NPO法人KAWASAKIアーツ、株式会社シネマネストJAPAN
共催:川崎市アートセンター ほか

※7月25日に開催したチャリティ上映会にはたくさんの方にご来場いただき誠にありがとうございました。募金額107,209円、経費を除いた収益とあわせて、496,801円を三陸鉄道へ送金することができました。ありがとうございました。
このページのトップへ