ラブレス

12歳の息子が失踪した ロシアの俊英監督の社会派ミステリー

離婚協議中の夫婦には、すでにそれぞれ新しいパートナーがいて、12歳の息子を押し付けあっている。そのネグレクトされた息子の失踪から始まる社会派ミステリー。欲望のままに身勝手に生きる人心の荒廃を、モスクワ郊外の冬とともに綴るズビャギンツェフの秀作。


(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS ? WHY NOT PRODUCTIONS
作品情報2017年/露、仏、独、ベルギー/カラー/シネスコ/2h07/DCP/R15+
監督・脚本:アンドレイ・ズビャギンツェフ
共同脚本:オレグ・ネギン
出演:マルヤーナ・スピヴァク、アレクセイ・ロズィン
●17年カンヌ国際映画祭 審査員賞
●17年BFIロンドン映画祭 作品賞
●18年アカデミー外国語映画賞ノミネート
上映日
5/26(土)〜6/1(金)14:50
6/2(土)〜※決まり次第お知らせいたします。
※休映・・・5/28(月) ※6/2(土)以降も上映あり(時間未定)
料金一般1800円/大学・専門学校生1400円/シニア・障がい者(付添1名まで)・会員1000円/高校生以下800円
公式サイトhttp://loveless-movie.jp/
このページのトップへ