斬、

なぜ人は人を斬るのか 塚本晋也監督、初の時代劇

『野火』で戦争の恐怖をあぶりだし高く評価された塚本晋也が挑む初の時代劇。幕末の江戸近郊の村を舞台に、文武両道の若い浪人と彼が逗留する農家の娘が、無法浪人集団と対峙する。人を斬ることに躊躇する浪人を通して、刀と刀の勝負をリアルに描き出す野心作。


(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
作品情報2018年/日本/カラー/ビスタ/1h20/DCP/PG12
監督・脚本・撮影・編集:塚本晋也
出演:池松壮亮、蒼井優、塚本晋也、中村達也、前田隆成

18年ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門出品
18年トロント国際映画祭 マスターズ部門出品
18年釜山国際映画祭 ガラ・プレゼンテーション部門出品
上映日
11/24(土)、11/27(火)〜30(金)12:25、20:00
11/25(日)12:25
12/1(土)、2(日)、12/4(火)〜7(金)10:00、14:30
12/8(土)、9(日)、12/11(火)〜14(金)17:40
12/15(土)、16(日)、12/18(火)〜21(金)18:00
※休映日・・・11/25(日)20:00の回、11/26(月)、12/3(月)、12/10(月)、12/17(月)
料金一般1800円/大学・専門学校生1400円/シニア・障がい者(付添1名まで)・会員1000円/高校生以下800円
ゲストトーク★12月4日(火)14:30の回上映後、塚本晋也監督のトークあり
公式サイトhttp://zan-movie.com/
このページのトップへ