キノーラワークショップ② 7/28(日)10:00~12:30

キノーラキットが

子どもたちを待っています。

受付をすませたら、キットを選びます。

(ビーズの色を選ぶことができます)

さあ、はじまりました。

まずはこれからつくるキノーラの説明です。

どうやったら

アニメーションができるのか。

わかりやすく説明してもらいました。

さて、残像についての説明です。

30秒ブルーのユリを見た後に、

こちらのユリを見ると、

一瞬色がついてみえましたよ。

何色でしたか?

それでは

キノーラを組み立てます。

まずは組み立て方の説明を聞きました。

ちいさなビーズを、

ボンドづけします。

棒とビーズを

ひとつづつ組み立てます。

ハンドルを組み立て、

支える柱をつけたら、

ボンドが固まるのを待ちます。

乾かす間、

キノーラの台紙に色を塗って、

自分のキノーラをつくりましたよ。

工作部分は終了。

これからキノーラの絵を描きます。

その前に少し休憩です。

* * *

* * *

これから挑戦する

キノーラは8枚の絵を描く

アニメーションです。

どうすると動いてみえるかな?

大高さんがわかりやすく

説明してくれました。

さて、それぞれ8枚の紙を選びます。

ガイド入りと無地のものがあります。

ガイド入りは

動きのヒントに

なる画が描かれていますが、

色やほかのものを描くことで、

自分だけのキノーラをつくることができます。

箱からなにかが

とびだしていますよ。

時計が動いている様子。

きれいに色をぬって、

UFOと2つの家かな?

描き終ったら順番にならべて、

ちょっと難しいのですが、

差し込んでゆきます。

いざ確認!

講師の大髙さんに

見てもらいましょう。

完成したら、

撮影します。

さいごに、

みんなの作品を鑑賞しました。

どんな作品ができましたか?

完成したキノーラは

各自持ち帰りました。

もう1セット、

キノーラを楽しめる紙を

講師の大髙さんが

プレゼントしてくれました。

もうひとつのキノーラを

完成できますよ。

キノーラワークショップ① 7/27(土)10:00~12:30

今年のキノーラワークショップの始まりです。

まずはアニメーションのしくみをまなびます。画が動いて見えるためには、

どんな風に描いたらいいのかな?

アニメーションが動いて見えるためには

残像が必要なんだって。

「残像」ってなにかな?

自分の目で確かめる実験をしました。

さて、キノーラを組み立てます。

あらかじめ講師とスタッフがキットにしてくれています。

ちいさなビーズを使うので、

ボンドの使い方も工夫が必要です。

みんな集中して作業をしていますね。

テーブルごとに、作業を進めます。

どんどん形になっていきました。

組み立てが終わったら、

ボンドが乾くまで、

土台の部分に模様をつけて、

自分だけのキノーラを作りましょう!

各自、キノーラの絵を選びます。

キノーラの絵は動きのガイドつきと

無地がありますよ。

選んだら、休憩です。

休憩時間は

席を少し離れてリラックスしましょう。

* * *

そのあとに、キノーラの動きのつくりかたの説明です。

8コマの絵をかくので、

少しづつ動きをかえることを説明してもらいました。

ガイドつきの紙でも、

自分で色や絵をくわえることで

オリジナリティのある作品ができます。

同じ絵でも8枚あるので、
なかなか大変です。

動きがむずかしいところや、

質問があれば、講師やスタッフが教えてくれます。

絵を描きおわったら、

キノーラに紙を差し込んで、

動きを確認してみましょう。

くるくる回して

動いて見えるか確認します。

台紙とキノーラが一体となった作品もありましたよ。

上手に動きができたかな?

動かして、確認しましょう。

すこしづつ動きをみてみましょう。

今回は作品を撮影しました。

最期にみんなの作品を鑑賞しました。

家に持ち帰りができますよ。

今回は、大高さんより紙の一式のプレゼントがありました。

家でつくってみましょう!

キノーラワークショップはじまります!

キノーラワークショップ始まりました!

随時、ブログをアップしていきます。

夏休みシネマわくわくWS2018応募状況

川崎市アートセンターアルテリオ映像館の「夏休みシネマわくわくWS2018」は7/7(消印有効)で締め切りました。

参加人数(申込人数)は以下の通りです。

【キノーラ 7/27 午前(定員25名)】

申込114名/当選25名/4.5倍

【キノーラ 7/28 午前(定員25名)】

申込76名/当選27名/2.8倍

【映画弁士ワークショップ 8/11-12 10:00~16:00(定員12名)】

申込19名/当選12名/1.5倍

【映画音楽ワークショップ 8/18 10:00~16:00(定員12名)】

申込13名/当選12名/1.1倍

3分間ビデオ制作入門講座10期生(2018)受講生募集開始!

今年も高校生~一般の方向けで毎回好評をいただいているビデオワークショップを行います。

10期生の募集です。みなさまのご参加をお待ちしております。

<チラシのダウンロードはこちらから>表面 & ⇒裏面

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

10期開催記念!あなたもつくれる3分ビデオ集

~1期生~9期生、全作品上映会~

(無料!申し込み不要!出入り自由)

【9/15(土)】 11:00~16:00 1~5期生分

【10/6(土)】 11:00~16:00 6~9期生分

会場:新百合トウェンティワンホール 第二会議室(地下2F)

※1期生から、1時間毎に上映(コメント&休憩あり&昼休憩あり)

※上映会後、懇親会予定(実費制)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

講師は映画監督!

まずは3分!「伝えたいこと」を映像にしよう

.

ビデオ初心者の方でも大丈夫

押入れに眠っているビデオカメラを救おう!

.

自宅で使われていないビデオカメラとパソコンを使い、映像作品をつくり、上映会で発表するまでの映像にまつわる一連の活動をすべて体験しようというワークショップです。

.

【講座】 全10回開催日 <土曜日開催(ただし最終上映日のみ日曜日夕方開催)>

★2018年 10/27、11/10、11/17、11/24、12/8、12/15 <14:00-16:30>

⇒2019年 1/12、1/19、2/2 <14:00-16:30>

★および上映会の2/17(日)の夕方

.

【会場】 新百合トウェンティワンホール 第2研修室(地下2階)

※小田急「新百合ヶ丘駅」北口より徒歩2分

.

【講師】 土屋トカチ(映画監督)、松原明(ビデオプレス代表)

.

【主催】川崎市アートセンター

【協力】新百合丘トゥエンティワンホール

【後援】「しんゆり・芸術のまちづくり」フォーラム

.

川崎市アートセンター

3分間ビデオ制作入門講座2018 10期生募集

.

●第1回 イントロダクション

編集ソフトと必要機材の確認(使用するパソコン、カメラの相談を受けつけます)

●第2回 映画の構造を知ろう

カメラの基本操作、撮影の基本を、ニュース映像を見ながら学びます。

●第3回 撮影実習-1

川崎市アートセンターの撮影に挑戦しましょう

●第4回 撮影実習-2

新百合ヶ丘でのインタビュー

●第5回 編集基礎-1

撮影した素材の整理、構成と編集ソフトの説明

●第6回 編集基礎-2

パソコンへの取り組み方法とタイムラインの理解

●第7回 編集基礎-3

映像編集、音やナレーションの挿入の実践

●第8回 編集作業-1

編集のブラッシュアップ

●第9回 編集作業-2

作品完成へのフォローアップ

●第10回 日曜夕方 上映会 @川崎市アートセンター

.

アルテリオ映像館(映画館)で作品を上映します。

.

※第1回~9回は14:00~16:30、第10回は夕方予定

.

■よくある質問にお答えします!

.

Q1.カメラもパソコンも初めてなのですが受講可能ですか?

.

A. 講座全体は編集が初めてのかた向けに進めます。経験者のかたにもプロのコツが学べると好評です。

.

Q2ビデオカメラを持っていないのですが...

.

ビデオカメラはレンタルもご利用いただけます。これまでにビデオカメラでなく、スマートフォンやiPadで撮影するかたもいます。

.

Q3 ノートパソコンでないと参加できませんか?

パソコンをご家族、ご友人からお借りになることをお勧めしています。

.

Q4 講座に向けて機材・編集ソフトを準備したいのですが、まずは買って参加した方がいいですか?

.

講座前の新規購入はお勧めしていません。まずはお手持ちの機材を持参ください。ビデオカメラ、パソコン、編集ソフトについて第一回に説明し、各自の相談によります。

.

Q5 編集ソフトを買いたいのですが...

.

編集ソフトは各自準備していただきますが、事前購入の必要はありません。開講後にそれぞれの環境にあった編集ソフトをご案内いたします。

.

【募集概要】

.

全10回、4ヶ月で3分間の作品制作に挑戦します。ビデオ初心者の方を対象として講座を進めます。撮影・編集・上映会で発表をするまで、基本的な技術を身につ け、「私の視点」の作品を社会に発信することを目指します。完成作品は川崎市アートセンターアルテリオ映像館で上映。「撮影したけれど、どう 編集したらいいのかわからない」「作品を上映したい」「YouTuberのノウハウを知りたい」というかたにおすすめの講座です。

.

■定員:15名

■対象:高校生以上

■参加費(税込):全10回

一般 20,000円

学生・本講座リピーター割 18,000(要学生証提示)

<別途、映像編集ソフトを準備いただきます。講座の基本ソフトは以下に紹介しています>

■会場:新百合トウェンティワンホール 第2研修室(地下2階)

.

■必要機材(各自ご準備ください)

1.ビデオカメラ<有料レンタルあり(講座を通して5,000円)>

2.ノートパソコン<OS(Windows7,8,10)の使用を基本とします。受講後にご案内いたしますので、事前に購入いただく必要はありません。その他の編集ソフトも可能な限り対応します>

3.イヤフォン

4.編集ソフト 講座ではPowerDirector Standatd(参考価格5,238円/Windows対応)を使用します。開講後に各自のパソコンにあったソフトをご案内いたしますので、事前に購入いた だく必要はありません。その他の編集ソフトも可能なかぎり対応します。

※必要機材や内容に関して、質問がある場合は、申し込み前に担当者までご相談くださ い。

.

■応募方法:往復ハガキにて

①氏名②年齢③性別④住所〒⑤電話番号⑥メールアドレス⑦ビデオカメラの有無⑧ノートパソコンの機種<Windows7、8、10・Macの別>⑨編集ソフト(すでにお持ちのかたのみ)

.

■応募締切2018年10月10日(水)消印有効

★定員をこえた場合は抽選となります。結果は10/13に返信用ハガキにて発送予定。

.

<宛先>〒215-0004

川崎市麻生区万福寺6-7-1

川崎市アートセンター「3分間ビデオ制作入門講座」係

.

■講師

土屋トカチ(つちやとかち)

1971年京都府生まれ。映画監督。映像グループローポジション所属。『フツーの仕事がしたい』(2008)で英国・第17回レインダンス映画祭、UAE・第6回ドバイ国際映画祭においてベスト・ドキュメンタリー賞を受賞。2018年、10年ぶりの長編『アリ地獄天国(仮)』をリリース。

.

松原明(まつばらあきら)

1951年埼玉県生まれ。ビデオ制作プロダクション「ビデオプレス」代表。『ごみは甦える』『人らしく生きよう-国労冬物語』 など、人権・環 境をテーマにした作品を手がける。2013年『いのちを楽しむ』『メトロレディーブルース』『裁判所前の男』『がんを育てた男』など、人権・環境をテーマにした作品を手がける。市民メディアのネットワークづくりにも 力を入れてい る。

【主催】 川崎市アートセンター

.

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺6-7-1

.

【お問い合わせ】

3分間担当(村上)まで

.

TEL・044-955-0107 FAX・044-959-2200

Email・artcenter@kac-cinema.jp

URL:http://kac-cinema.jp