映画音楽ワークショップ8/9(火)-1


映画タイムマシンのワークショップ(映画音楽)の初日です。

まずは小津安二郎監督の映画『生まれてはみたけれど』の鑑賞。

無声映画ですので、ピアノの伴奏つきです。

上映後に、柳下美恵さんによる無声映画のお話をしていただきました。

会場では要所要所で笑い声も出ていたので、みんなそれぞれ楽しめたようです。

さて、映画音楽ワークショップは4回目、参加希望者が増え、定員12名のところ、15名の参加希望を受け入れました。欠席もありましたので、参加者は12名でした。

まずは自己紹介と映画の感想を聞きました。

楽器を習っている子もいましたが、映像の音に興味のある子もたくさんいました。

映画は「白黒映画を初めてみた」「ピアノの演奏つきのサイレント映画ははじめて」という子がいました。

講師はサイレント映画ピアニストの柳下美恵さんです。

最初は、アニメーション『動物のオリンピック』で映画に音をつけることを体験してみます。

失敗しても大丈夫。映画に音をつけることがどんなことか、みんなで工夫してみます。

映像をみて、楽器をひとり一つ選んでみます。

どんな音がでるのか想像がつかないものもありますが、たたいたり、吹いたり、、、めいめいに音さがしをしています。

映像をみたらそれを分析していきます。

映像をすこしづつみて、アニメーションがどのように作られているか確認します。

後半は班ごとに音付の作業です。

今日はここでおしまい。

明日は音付と発表です。