映画ワークショップ 3日目 8月14日(月) 上映会@アルテリオ映像館

上映会当日です。

友だちをまっています。

各班のポスターと

リュミエール映画の発見が

はりだされています。

みんなが集まってきました。

上映会のスタートです。

まずは昼間行雄さんに挨拶いただきました。

最初は、

今回挑戦したリュミエール映画を鑑賞しました。

1895年に上映された作品です。

☆ ☆ ☆

その後、ABCの順でグループ作品をみて、

参加したみんなの感想をききました。

・・・A班・・・

『みかんへんてこ事件』

15分の予定の作品を5分にまとめました。

シーンを削り、まとめたり工夫しました。

リュミエール映画作品は、

50秒の長さのワンショット

(この講座では60秒で撮影)ですが、

彼らは5分のワンショットを

黒い布をかぶせることで

シーンを区切る工夫をしました。

あきずに何度もリハーサルをして、

本番に備えました。

・・・B班・・・

『脱出ゲーム』

部屋に閉じ込められてしまった4人。

鍵で扉があくと思いきや、みかんであく

という落ちがおもしろい!

部屋の奥にあったみかんが手前にあったら、

ドラマが分かりやすかったかもしれませんね。

今回は、リュミエール映画にして、

初めて音つきにしました。

台詞が多かったので

マイクを準備しなかったのが

スタッフの反省点です。

・・・C班・・・

『ムービースタートライン』

映画を作ろうとする映画、

という何ともシンプルな構造を

リュミエール映画をつかって表現しました。

企画会議をする雰囲気を

カメラなどの小道具を活かして、

上手に再現しました。

☆ ☆ ☆

次に個人の作品をグループごとにみました。

川崎市立日本民家園の作品です。

満足な作品ができた子、

スクリーンでみて、

友だちの作品から、刺激を受けた子、

もっと工夫したかったこと、成功したことなど、

それぞれの撮影については話を聞きました。

最後にみんなで記念撮影・・・

その後には「映写室見学」を行いました。

フィルムに触ったり、

フィルムの映写機の機構を見たりしました。

これで終了!

それではみなさんまた来年。

講師の昼間行雄さんはじめ

スタッフのみなさまに感謝いたします。

完成した作品は、完成DVDと文集とともに、

参加者にお送りします。