リュミエール映画vol.6(20180331_1日目_1)

リュミエール映画 vol.6 はじまりはじまり!

今年は、昨年夏の開催にひきつづき、春に活動をしました。

夏には15人の定員があふれ、抽選がありましたが、今回は7人の参加です。

まずは自己紹介。アートセンターのWSの経験者がチラホラ。

リュミエールWSの経験者も一人いました!

講師は昼間行雄さんです。

リュミエールの1895年12月の上映作品を鑑賞します。

『工場の出口』

『赤ちゃんの食事』

『水をかけられた散水夫』

『ラ・シオタ駅への列車の到着』

リュミエールの映画には何が映っているかな?

鑑賞のあとは、35㎜フィルムを触ってみました。

リュミエール兄弟ってだれ?

映画ってなに?

日本ではどんな時代?

そんな質問に答えるためにみんなで調べています。

フィルムについてしらべていたり。

メリエス?

iPadでさがしたり!

ジョージ・イーストマンとフィルム

エジソンのキネトスコープ

リュミエール兄弟の

シネマトグラフという発明品。

お父さんは写真家だったそう。

午前中はここまで!

午後は調べものを発表。

自分で描いたものを発表。

昼間さんがみんなの発表を聞きながら、まとめてくれました。