新型コロナウイルス感染症対策の取り組みについて
アルテリオ映像館TOPアーカイブ2009年 > ユリ子からの手紙

ユリ子からの手紙

数々の作品で助監督をつとめ、映画学校設立にも尽力…武重邦夫監督作品

80年頃、知的障害を持つ子供は人間ではなく“無垢な天使”として描かれてきた。しかし、ユリ子はカメラに「馬鹿にされてきた半生」の口惜しさをぶつけてきた。それは人間を証明する叫びだった。


作品情報1981年/16mm/51分
監修・ナレーション=今村昌平
上映日
2009年5/2(土)10:30
5/6(水)15:30
5/7(木)12:20
料金Aプログラム500円
ゲストトーク◆5/2(土)上映後 ゲスト:武重邦夫さん
その他川崎・しんゆり芸術祭 アルテリッカしんゆり2009
アルテリオ・シネマ特別企画
「いまに生きる今村昌平」
主催:川崎市アートセンター 日本映画学校
川崎・しんゆり芸術祭2009実行委員会、財団法人 川崎市文化財団、財団法人 日本オペラ振興会、昭和音楽大学、財団法人 川崎新都心街づくり財団
共催:川崎市、川崎市教育委員会、財団法人 東京交響楽団、(株)プレルーディオ、NPO法人 KAWASAKIアーツ
協力:「しんゆり・芸術のまちづくり」フォーラム、(株)マイタウン21、今村プロダクション
縺薙ョ繝壹シ繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈