どん底

イントロダクション

ジャン・ルノワール監督×
ジャン・ギャバン×ルイ・ジューヴェ
これはルノワール流 
希望に満ちた明るい”どん底”

どん底から出ていく男と、
どん底へ落ちていく男の友情を、
安宿に暮らす人々の群像のなかで描いた映画史上の名作。

ロシア文学を代表するゴーリキーの名作戯曲を、ジャン・ルノワール監督が脚色して映画化。当時存命だったゴーリキーの許諾を得て、原作にはない、ギャンブル依存症の男爵がすべてを失い、安宿に暮らすようになるまでのエピソードを付け加えた。男爵が全財産を失う前夜に、その邸宅に忍び込んだ、親の代からの泥棒ペーペル。ふたりが出会い、意気投合することにより、物語は階級を越えた人間同士の友情へと鮮やかな光彩を帯びていく。 泥棒ペーペルを名優ジャン・ギャバン、男爵をフランス演劇界の至宝ルイ・ジューヴェが演じ、第1回ルイ・デリュック賞を受賞したルノワールの出世作である。

ジャン・ルノワール監督とジャン・ギャバン
映画史に残る名コンビの誕生

ミュージック・ホールの芸人出身のジャン・ギャバンに対し、フランス演劇界を代表する存在のルイ・ジューヴェ。出自の異なる、ふたりの名優が織り成す演技のアンサンブルが素晴らしい。このふたりとジャン・ルノワール監督は、これが初めての顔合わせ。なかでもジャン・ギャバンとルノワールは本作を起点に、『大いなる幻影』(37)や『フレンチ・カンカン』(54)などで卓越した名コンビとなっていった。

物語

「悪党だから天罰が下ったのさ」
「どん底の暮らしが原因だ」

強欲な家主が営む、間仕切りもない木賃宿。家主の年の離れた妻は、泥棒ペーペルと恋仲で、その妹も秘かに彼を慕っている。ギャンブルですべてを失った男爵、飲んだくれの俳優、アコーディオン弾き、恋愛小説に夢中の娼婦、そして謎の老人…。どん底の暮らしのなかで、ここから抜け出すことを夢見るペーペルと、ここを人生の終着点と諦観する男爵、対照的なふたりとその周囲の人間模様が展開していく。

監督

ジャン・ルノワール 
Jean Renoir

1894年9月15日、パリ、モンマルトル生れ。画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの次男。第1次世界大戦に従軍し、足に銃撃をうけ負傷。その後航空学校でパイロットの資格を得、偵察飛行隊に配属されるが、まもなく後方勤務となり、パリで映画に耽溺する。
1924年『カトリーヌ(喜びなき人生)』と『水の娘』で映画監督デビュー。『素晴らしき放浪者』(‘32)、『ピクニック』(‘36)、『どん底』(‘36)を経て、『大いなる幻影』(‘37)で、アカデミー作品賞にノミネートされるなど国際的名声を得る。『ゲームの規則』(‘39)を最後に、第二次世界大戦がはじまり、アメリカに脱出。以後、ハリウッドを拠点に『スワンプ・ウォーター』(‘41)などを監督。戦後はインドを舞台にした『河』(‘50)、イタリアで撮った『黄金の馬車』(‘52)を経て、『フレンチ・カンカン』(‘54)『恋多き女』(‘56)で、母国フランスに回帰した。辛辣なまでのリアリズム演出と、大らかで楽天的な人生観が共存する豊潤な映画世界は不滅の輝きを持つ。1979年2月12日米国カリフォルニア州の自宅で死去。84歳。

原作

マクシム・ゴーリキー Maxim Gorky

1868-1936

幼くして一家離散となり、十代初めから様々な職業を経験した。独学を重ね、1892年に最初の短篇を発表。95年に27歳で発表した小説「チェルカッシュ」が出世作。チェーホフにすすめられ戯曲を書き始め、1902年に発表した2作目の戯曲「どん底」で国際的な名声を得た。第一次ロシア革命にかかわったのち、06年に渡米、その後イタリアに移ったが、13年に帰国。17年のロシア革命にも関わる。のちにレーニンと対立し、21年病気療養を兼ね、イタリアに渡る。28年以降しばしば帰国し、スターリンの求めにより32年に本格帰国、のちにスターリンと対立。36年6月、謎の死を遂げる。

キャスト

ジャン・ギャバン Jean Gabin

ジャン・ギャバン Jean Gabin
(ペーペル)

1904年5月17日パリ生まれ。芸能一家に生まれ、芝居と歌を身につける。ジュリアン・デュヴィヴィエの『地の果てを行く』(35)が出世作で、同監督の『望郷』(37)、ジャン・ルノワール監督との出会いとなった『どん底』(36)、『大いなる幻影』(37)が代表作となるフランスの名優。第二次世界大戦中はアメリカに逃れハリウッドでも活躍。戦後はルノワールの『フレンチ・カンカン』(54) やジャック・ベッケルの『現金に手を出すな』(54)などで円熟の境地を見せる。『ヘッドライト』(56)、『地下室のメロディー』(63)、『シシリアン』(69)(すべてアンヌ・ヴェルヌイユ監督)は国際的なヒットを記録した。ヴェネチア国際映画祭とベルリン国際映画祭でそれぞれ2度、男優賞を受賞している。1976年11月15日パリ郊外の病院で死去。72歳。

ルイ・ジューヴェ Louis Jouvet

ルイ・ジューヴェ Louis Jouvet
(男爵)

1887年12月24日ブルターニュ地方のクロゾン生まれ。父が公共事業の土木技師だったためフランス各地を転々とする。大学に進み、薬剤師の資格を取るが、若手演劇人と交流し劇団に加わる。この間、のちに教授となる国立高等演劇学校(コンセルヴァトワール)を3度受験し、すべて不合格となる。13年からヴィユ・コロンビエ劇場の舞台に立ち、演劇人として確固たる地位を築く。22年から34年まではシャンゼリゼ劇場、34年から急死した51年まではアテネ劇場で座長として活躍。第一次世界大戦には衛生兵として従軍。大戦末期には劇団を率い2年間のニューヨーク公演を行う。第二次世界大戦ではナチス支配を逃れ、一座を率いてブラジルに渡り、4年半にわたり中南米を巡業した。20世紀のフランス演劇界を代表する名優である。映画にはジャック・フェデーの『女だけの都』(35)から本格的に出演し、『どん底』でジャン・ギャバンと共演。他の代表作に、ジュリアン・デュヴィヴィエの『舞踏会の手帖』(37)『旅路の果て』(39)、マルセル・カルネの『北ホテル』(38)、アンリ=ジョルジュ・クルーゾーの『犯罪河岸』(47)。1951年8月16日パリにて死去。63歳。

予告編

予告編

  • ゴーリキー「どん底」には、自分の血肉にして語り広めたくなる強烈な魅力がある。
    五戸真理枝(舞台演出家、2022第30回読売演劇大賞最優秀演出家賞)
  • 時代を隔てて観ることでいよいよ興趣を増す映画があるとすれば、ジャン・ルノワール監督の『どん底』はまさにそんな一本である。
    野崎歓(フランス文学者、東京大学名誉教授)
  • 救いのない戯曲をおおらかな人間喜劇として描く名作
    『どん底』はフランスのジャン・ルノワール監督の1936年の作品。当時まだ巨匠とまではみなされていなかったと思われるジャン・ルノワール監督だったが、この作品に権威あるルイ・デリュック賞が授与され(映画の冒頭にも1枚タイトルで名誉ある受賞に輝いたと記されている)、ジャン・ルノワールは一流の映画監督として認められることになった。そして翌1937年、いまでは世界的な名作として知られる『大いなる幻影』を撮り、巨匠とよばれる名監督になる。
    山田宏一(映画評論家)
    この文章は、「映画評論家・山田宏一の今月の〝2本立て映画〟」(通販生活ホームページ)冒頭の一節です。全文はこちらでお読みになれます。
  • ジャン・ルノワール監督『どん底』によせて
    ルイ・ジューヴェの男爵は、公金も財産も賭博で使い果たし、裸一貫になって初めて、ジャン・ギャバンの泥棒に教えられた、草むらに寝転ぶ愉しさを知り、蝸牛が腕を這うのを喜ぶ。この世界には死もあるが、それをも乗り越えて前へ進もうとする生がある。『どん底』を照らし出すのは、ジャン・ルノワールの生を肯定する光だ。
    上野昻志(映画評論家)

劇場情報

地域 劇場名 公開日 電話番号
東京 第36回東京国際映画祭2023 上映終了 050-3538-3205(チケットコールセンター)
神奈川 川崎市アートセンター 上映終了 044-955-0107
北海道 シアターキノ 上映終了 011-231-9355
東京 ユーロスペース 上映終了 03-3461-0211
東京 Morc阿佐ヶ谷 上映終了 03-5327-3725
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ 上映終了 045-243-9800
神奈川 鎌倉市川喜多映画記念館 2024年2月27日(火)、28日(水)、3月1日(金)、2日(土) 0467-23-2500
群馬 シネマテークたかさき 上映終了 027-325-1744
新潟 シネ・ウィンド 上映終了 025-243-5530
長野 上田映劇 上映終了 0268-22-0269
静岡 シネマe_ra 上映終了 053-489-5539
愛知 名古屋シネマテーク 上映終了 052-733-3959
大阪 シネ・ヌーヴォ 上映終了 06-6582-1416
京都 京都シネマ 上映終了 075-353-4723
兵庫 元町映画館 上映終了 078-366-2636
愛媛 シネマルナティック 上映終了 089-933-9240
宮崎 宮崎キネマ館 上映終了 0985-28-1162
熊本 Denkikan 上映終了 096-352-2121
大分 シネマ5 上映終了 097-536-4512
鹿児島 ガーデンズシネマ 上映終了 099-222-8746
沖縄 桜坂劇場 上映終了 098-860-9555