新型コロナウイルス感染症対策の取り組みについて
アルテリオ映像館TOP上映作品 > ボヴァリー夫人

ボヴァリー夫人

愛に生きたい女の性

修道院で教育を受けた貞淑なエマ・ボヴァリーが夫に失望し、情事やぜいたくな浪費に耽った末、破滅に至るまでを写実的手法で描いたフランス文学の傑作。原作者フローベール没後130周年に当たる2010年を迎え、鬼才ソクーロフが1989年の自作を再編集。


作品情報1989年=2009年/ソ連=ロシア/2h8
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
出演:セシル・ゼルヴダキ、R.ヴァーブ、アレクサンドル・チェレドニク、B.ロガヴォイ
第8回モントリオール国際映画祭グランプリ・国際批評家連盟賞
1993年ダンケルク国際映画祭グランプリ
上映日
2010年2/13(土)〜2/19(金)12:10 17:20
2/20(土)〜2/26(金)10:00 19:50
※月曜および日曜最終回休映(祝日の場合変更あり)
料金一般1300円/大学・専門生1100円/シニア・障がい者・付添・会員1000円/高校生以下700円
その他アレクサンドル・ソクーロフ監督作品
映画史上初!!驚異の90分ワンカット映像
「エルミタージュ幻想」も同時期上映!
縺薙ョ繝壹シ繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈