アルテリオ映像館TOP上映作品 > ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

ナチスの略奪した美術品をめぐる 美術史の闇を追う

ヒトラーの故郷に“総統美術館”を建設するため、ナチスがヨーロッパ各地で略奪した美術品約60万点のうち、現在もまだ10万点が行方不明のままと言われる。略奪が行われた時代から現代に至る、“闇の美術史”を綴り、芸術と政治の関係を描くドキュメンタリー。


(C)2018 - 3D Produzioni and Nexo Digital - All rights reserved
作品情報2018年/伊、仏、独/カラー&白黒/ビスタ/1h37/DCP
監督:クラウディオ・ポリ
原案・脚本:ディディ・ニョッキ
出演:トニ・セルヴィッロ

文部科学省特別選定 青年向き、成人向き
上映日
6/1(土)、2(日)、4(火)〜7(金)12:25
6/8(土)、11(火)〜14(金)19:20
休映日・・・6/3(月)、6/9(日)、6/10(月)
料金一般1800円/大学・専門学校生1400円/シニア・障がい者(付添1名まで)・会員1000円/高校生以下800円
公式サイトhttp://hitlervspicasso-movie.com/
縺薙ョ繝壹シ繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈