夏休みワークショップフェスティバル 2019 参加者募集!

ふれる、つくる、たのしむ!

川崎市アートセンターでは、舞台のうらがわを知る、ことばを遊ぶ、映画音楽や弁士に挑戦する、アニメーション原理をしる、など多彩なワークショップを開催します。演劇と映画、アートセンターならではの体験を通して発見をしよう!みなさんの参加をおまちしています。

チラシはこちらから http://kawasaki-ac.jp/th/upimages/leaflet/000320.pdf

——————————————————————————-

「A 舞台のうらがわをのぞいてみよう」、「B ことばはオモチャ」に関しては小劇場のホームページにて掲載しています。http://kawasaki-ac.jp/th/theater/detail.php?id=000320

———————————————————————————

 

C 映画音楽vol.6~映像の音作りに挑戦~

映画が初めて上映されたとき映画に音はついていませんでした。映画館には楽器を演奏する人がいて、映像にあわせて音をつけていました。この音楽家に挑戦します。楽器の経験がなくても大丈夫。音をたのしみましょう!

 

8月3日(土)10:00~16:00(『淑女と髭』の映画鑑賞つき)

講師:柳下美恵(やなしたみえ)サイレント映画ピアニスト

対象:小学4年~6年生|定員:12名|参加費:1,000円

<注意事項>●昼食をお持ちください。●持参できる楽器があればハガキにご記載ください。●発表会15:40(予定)。

 

D 映画弁士vol.2~弁士ってなあに?

映画に音がなかった無声映画の時代には、映画に音楽をつける音楽家と映画にお話をつける弁士がいました。とくに日本の映画は弁士が大人気でした。その弁士に挑戦してみましょう。映画をみて、台本をかき、弁士として発表をします。

 

8月4日(日)10:00~16:00と5日(月)10:00~12:30の2日間 (『淑女と髭』の映画鑑賞つき)

講師:大森くみこ(おおもりくみこ)活動映画弁士

対象:小学3年~6年生|定員:12名|参加費:1500円

<注意事項>●4日は昼食をお持ちください。●発表会8/12(日)12:00(予定)。

 

E キノーラvol.4 ~むかしの映画?キノーラをつくろう!~

アニメーションはどうしてうごくのかな?映画はどうしてうごいて見えるのかな?昔のひとが楽しんだキノーラに挑戦してみましょう。その不思議にせまります。工作をしてアニメーションの絵をかくワークショップです。作品はお持ち帰りいただけます。

 

①8月21日(水)10:00~12:30

②8月22日(木)10:00~12:30

対象:小学1年~6年生|定員:各回25名|参加費:500円

講師:大髙那由子(おおたかなゆこ)アニメーター/イラストレーター

<注意事項>●E①、E②のどちらかの日程をお選びください。

 

 

【応募方法】

往復ハガキに必要事項をご記入のうえ、ご応募ください。

<往復ハガキ1枚につき、1講座1名の申込みが可能です>

※消せるボールペンでの記入はご遠慮ください。

 

[往信面]

〒215-0004 川崎市アートセンター ワークショップ担当

※右側は空欄にしてください。

 

[返信面]

(1)希望ワークショップ名 A(照明・音響の希望)、C、D、F①、F②の場合は、いずれか一つ。

BのことばのみB①、B②のどちらかまたは両方可

(2)参加者氏名(ふりがな)

(3)性別

(4)学校名・学年

(5)住所(〒)

(6)電話番号

(7)保護者氏名(未成年の場合)

(8)参加希望理由(Eの方は持参できる楽器があれば記載)

 

 

【応募締切】7月13日(土)※消印有効(参加の可否は7月18日(木)に発送予定)

 

【応募にあたっての注意】

※参加は申し込みの方に限ります。付添、見学はできません。(ことばのワークショップ、および各ワークショップの発表・上映の回のみ見学可能)※記載に不備がある場合は申し込み受け付けができません。※応募者多数の場合は抽選となります。※参加費には保険料が含まれます。※ワークショップの活動は写真等で記録し、川崎市アートセンターの広報などに使用することがありますのでご了承ください。

 

【参加について】

1)会場はアートセンターです。活動内容により受付場所が異なりますので、参加可ハガキをご覧ください。

2)当日、参加可のハガキをご持参のうえ、ワークショップ受付にて参加費をお支払ください。

3)キャンセル等をされる場合は、当日もふくめご連絡ください。044-955-0107

 

—————————————————-

 

 

主催・会場 川崎市アートセンター

後援:川崎市教育委員会/NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり

 

 

3分間ビデオ制作入門講座10期生 はじまりました!

ことしで10回目をむかえる「3分間ビデオ制作入門講座」10期生の講座がスタートしました。20代から60代の12名の受講生が、映画監督のもと3分間の映画作りに挑戦します。

映画の上映会は2019年2月17日(日)の夕方予定しています。

講座に興味のある方は是非ご来場ください。

映画音楽ワークショップ 8/17-4(金)10:00~16:00

中間発表。

発表会と同じスタイルで発表。

それぞれの班に

柳下さんから

アドバイス。

さて、最後の練習です。

最期の追い込み。

完成していない班は、

後半部分を

重点的に練習します。

♪  ♫  ♪  ♫  ♪

いよいよ発表です。

柳下さんから、

それぞれの班にコメントをもらいました。

参加したみんなに感想を聞きました。

音を出すのがたのしかった。

あわせるのができるかな?

とおもったけど、

上手にできた。

楽器が弾けて面白かった。

それぞれ、

楽しく、映像の音をつけることが

出来たようです。

柳下美恵さん、スタッフのみなさん、

そして参加者のみなさん、

ありがとうございました。

映画音楽ワークショップ 8/17-3(金)10:00~16:00

場面をみて、

音を決めていきます。

メロディが決まったら、練習。

映像は動いているので、

ちょっとタイミングが大変です。

繰り返し

映像をみては止め、

体でリズムを覚えていきます。

♪  ♫  ♪

さて、

もう一つの班は、

鍵盤が2台。

メロディをつくっているのかな?

いろいろな打楽器は

誰がどうつかうのかな?

♪  ♫  ♪

ここまでは分担作業ですが、

作品はどうまとまるのでしょうか?
楽しみです。

各班、

あわせてみて

どうだったでしょうか?

映画音楽ワークショップ 8/17-2(金)10:00~16:00

今回の課題映画は

『床屋のココさん』

まずは、映画をみて、どんな話かな?

友だちに説明してみます。

「床屋のココさん」

なんだかシュールで面白い作品です。

♪  ♪  ♪

マックスのテーマ

ココのテーマ

メロディと効果音を

自分たちでつくってみましょう!

班ごとに

テーマ曲を奏でるメロディ班、

効果音班に分かれます。

効果音班は、

楽器をみつけます。

ピアノを前にメロディ班は、

なんとなく、役割がきまったかな?

どんな効果音が

うまれるでしょうか?

♪  ♪  ♪

さて、もう一つの班は、

映像をみて、

どうしようか思案中?

スタッフメモ。

子どもの意見をあつめています。

音を付けるために、

各班、2台のモニターを使いながら、

自分たちの音を作っていきます。

2つの班で

どんな音楽ができるでしょうか。

♪  ♪  ♪

もう一つの班のメロディ班。

自分たちが思いついたメロディを

譜面にするのを

柳下さんが手伝ってくれます。

どんな音が

効果音としていいかな?