キノーラワークショップvol.7 午後

さてキノーラ午後の回です。

アニメーションは

どうして動いて見えるの?

その仕組みをしっていますか?

その仕組みを理解して、

キノーラを作ります。

まずは工作。

 

木工用ボンドで組み立ていきますよ。

 

 

 

低学年だと

ボンドははじめてかもしれませんね。

 

台に紙を貼ったら、

色塗りして

自分のキノーラをつくりましょう。

 

 

 

 

各自、組み立てていきます。

 

ボンドが固まるのを

 

待ちましょう。

それではそれぞれ

アニメーションになる台紙を

えらびましょう!

いろいろな動きができますね。

見本をみながら、

どんな動きに使用か考えましょう。

 

絵をかいて、

大高さんにチェックしてもらいましょう。

チェックをしてもらったら、

ペンで太く書いたり、

色を塗りましょう。

絵が出来たら、

紙をキノーラに

 

差し込んで、

さあ、廻してみましょう。

うごいて

見えたかな?

キノーラの完成です!

キノーラワークショップvol.7 午前

 

7回目をむかえる

キノーラワークショップです。

講師はアニメーター、イラストレーターの

大髙那由子さんです。

 

まずはアニメーションはどうしてうごいてみえるのかな?

絵はとまっているのに!

すこしづつ変化する絵をかえて、

見方をかえると動いて見えます。

どうしてでしょう?

どんな仕組みが

必要なのかな?

その仕組みをつかったのが、

キノーラです。

それでは

組み立てましょう。

 

さて、

木工用ボンドをつかって、

 

乾かす時間を使って、

キノーラの台座を装飾します。

組み立てが終了したら、

キノーラの絵をかきましょう!

 

 

 

さあ、キノーラの動きは

 

どうつくりましょうか?

 

 

台紙8枚に

絵をかきます。

まずは下絵です。

 

下絵の見本で、

 

自分の描きたい絵を選びましょう。

動きは

大髙さんに相談しましょう!

まよったら見本を

 

みてみましょう。

 

 

絵を描いて

 

ならべて

 

 

 

8枚をすこしづつ動くように、

うごく場所はずらしながら、

描いていきます。

 

 

色ぬりも8枚。

 

台紙をキノーラに差し込んで!

最後に動きを

 

確認して完成!

作画アニメーションワークショップvol.1 ②

さて、下絵が終わった子がいるので、

いったん手を止めて

ペン入れの説明です。

 

今回は筆ペンを用意しました。筆ペンをつかって、

その特徴をいかしてみましょう!

(筆ペン以外も普通のペンも絵に合わせて利用できます)

 

 

並行して、

下絵チェックをしています。

みんな、目が真剣です。

🖊 🖊 🖊

さあ、ペン入れは下絵を丁寧になぞっていきます。

(紙が特別なものになります)

いよいよ撮影です。

撮影台にのせたiPadで撮影していきます。

 

撮影したら、その場で動画で確認。

撮影後は製本です。

表紙をつくって、

作画用紙のペンをいれた本番の絵と下絵を重ねます。

最後に和紙にタイトルや名前を書いて、

きれいに装飾しましょう。

撮影は続きます。

順番に撮影。

紙をかえて6枚。

 

撮影はつづきます。

 

撮影時は少し離れて、

 

 

 

カメラに手が入らないように!

 

どんどん

 

取り込んでいきます。

 

 

撮影にも

タップをつかいます。

 

6枚なので、そんなに時間はかかりませんが、

 

もちつきのように

リズムよく撮影は進みました。

 

 

 

🐢 🐥 🐰

しばし休憩

 

 

表紙もみんな凝っています。

さあ、撮影終了と同時に上映です。

すばやい編集で、最後にみんなの作品を鑑賞しました。

拍手で終了!

初めての作画アニメーションワークショップでしたが、
みんな楽しく完成しました。

作品はこちらで鑑賞いただけます。

 

■作画アニメーションワークショップvol.1

 

 


							
作画アニメーションワークショップvol.1 ①

映画タイムマシンvol.10の

作画アニメーションワークショップの第一回です。

パルムドールの前で

35ミリフィルムのお話をしました。

 

上映に参加した高校生以下の方には、

「セロ弾きのゴーシュ鑑賞ノート」プレゼント。

 

 

まずは高畑勲監督の

『セロ弾きのゴーシュ』の鑑賞!

🎞35mmの上映です。

✍ 📄 🖊

映画鑑賞後は

3Fのコラボレーションスペースにすすみました。

<作画アニメーションワークショップ>

 

講師は

映像作家、イラストレーターの

りつやりつこさんです。

 

アニメーションはフィルム1秒間に24枚のところ、

多くて12枚くらいに書くそうです。

1分間だと60秒なので720枚!!!

 

いつも見ているアニメーションは

たくさんの絵を重ねることで成り立っています。

みんなの机には道具の説明があります。

作画のワークショップは

アニメーションの作画用の

「タップ」と「トレース台」と「作画用紙」を使います。

今回は高畑勲監督にちなみ、

高畑監督が造詣が深かった絵巻物『鳥獣戯画』に閃きを得て、

動物が動くアニメーションを作ります。

🐸 🐰

✍ 📄 🖊

まずは1,2の動きが再現できるマジックロールです。

 

紙を折って、2枚の紙の下側に1の動き、

上側をトレースして2の動き。

(動かさない場所は重ねて書きます)

 

上の紙を鉛筆に巻き付けて、紙を巻き上げると、、、

動きを確認できます。

みんな夢中になって動かしました!

✍ 📄 🖊

次にトレース台をつかってみましょう!

 

トレース台は電気をつけると台が明るくなります。

台の上におくと紙を2枚重ねても、下の絵がしっかり見えるので、

精密にアニメーションを描くことができます。

 

書く枚数は一人6枚。

これを1⇒2⇒3⇒4⇒5⇒6⇒5⇒4⇒3⇒2と10コマに増やします。

 

 

今回のお題は「どうぶつ」

繰り返すと枠から出ないのがルールです。

 

猫とか

 

狸とか

動きを考えて、

羽ばたく恐竜、

動きをチェックしてもらっています。

 

アニメーションで

アニメーションを描いている!

6枚、動きをかんがえながら、、、

とにかく動きを描いていきます。

時々めくって、

動きをチェック

 

亀とうさぎ

鳥。

6枚できたら、チェックしてもらって、

下絵がOKになったら、ペン入れです。

映画弁士ワークショップvol.5 2日目 ④

🎞 📖 🎤

休憩ののち、

時間の前に映像館に移動しましょう!

 

🎞 📖 🎤

それでは上映会のはじまりです!

大森さんからお話ののち、

みんなの弁士がはじまりました!

 📖

 📖

 📖

 📖

 📖

 📖

 最後にみんなの発表について

大森さんより講評をいただきました!

 📖

 

みんな発表をおえてほっとしています。

最後にみんなの感想もききました。

 

新しい弁士たちが飛び立っていきました!

🎞発表の様子🎞




■映画弁士ワークショップvol.5 ①

https://youtu.be/IUMxaNe_wZI

 

■映画弁士ワークショップvol.5 ②

https://youtu.be/YY5e2P44wEA