映画タイムマシンvol.7-映画音楽3

A班は、ある程度音楽の付け方がきまったら、

電子ピアノあるスクリーン前に移って活動しました。

 

まずは、最初の場面から、

音をだしながら、音を探っていきます。

ある程度までできたら、柳下さんからアドバイスをもらいます。

 

このあと、鍵盤の子と効果音を中心とした他の楽器のグループに分かれて練習です。

意見を出しながら、

 

タイミングをあわせたり、どのようにすると映像にあうのか、相談しています。

ギターは男のひとの言い訳を、ヴァイオリンはいそいでいく音を軽快に表現するようです。