むかしのアニメーション体験 vol.8 2022.3.30(水)午前

ことし8回目を迎える昔のアニメーション体験です。

講師は坪井健さんです。

まずは、テーブルにある様々な視覚玩具を触ってみましょう。

 

どうして絵が動いて見えるのか?

どうしたらアニメーションになるのか?

まずは説明を聞き、ゾートロープの画を描きます!

自分の使いたい絵柄を選びます。

まずは鉛筆で自分の絵を描いていきます。

鉛筆書きが

仕上がったら

チェックタイム。

坪井さんに動きをチェックしてもらい、

アドバイスをしてもらいます。

少しずつ移動する絵があるのがポイントです。

鉛筆書きOKとなった場合は、

 

よく見えるようにペンや色鉛筆をつかって仕上げをしていきます。

 

完成したら、最終チェックです。

ここで、確認して、OKならカメラで撮影!

ゾートロープはここでおしまいですが、

持ち帰るためにひと手間掛けます。

カッターで切って、

 

フリップブック(パラパラ漫画)にします。

 

それに色付けしたら

 

本日の完成形になります。

タイトル、名前、日付をつけて終了。

最後はみんなで鑑賞会をしました。

スケジュールは以下の通り、

みんな熱心に作業したので、時間通りに終了しました。

※ ※ ※

【むかしのアニメーション体験 2022 午前  映像リンク】

むかしのアニメーション体験 2022 午前 映像リンク