映画音楽ワークショップvol.9 ①

『映画タイムマシンvol.10』の

映画音楽ワークショップvol.9が始まりました。

まずはサイレント映画ピアニストの柳下美恵さんによる演奏の

🎞『国士無双』🎞『腰弁頑張れ』の鑑賞から!

35ミリフィルムでの上映です。

*  *  *

タイムマシンはフィルム上映をしています。

映画鑑賞のあとはフィルムを触ってみましょう。

透かしてみて、一秒の長さはどのくらいかフィルムをかぞえています。

フィルムは24枚の写真で一秒間です。

<なお、『国士無双は』18枚で1秒の18fps作品で、『腰弁頑張れ』は24fpsで上映です。

fpsは英語でframes per secondの略で一秒間のフレーム(写真)の数です。

今回は、それぞれのフレーム数で上映しています>

 

*  *  *

 

コラボレーションスペースで

ワークショップが始まりました!

一つ楽器を手に取って、

「映像」をみてみましょう。

作品はフライシャー兄弟のアニメーション『COCO(ココ)』です。

 

観たら、それぞれテーブル(A,B)ごとに、

腕試し(?)の音を一回だけつけてみました。

それぞれの班の付け方を観察して、

もう各班一度違う場所に音をつけてみましょう。

♪  ♪

次にリュミエールの『水を掛けられた散水夫』(カラー版)に

1. 柳下さんがピアノ演奏を付けます。

2.柳下さんがタンバリンだけで音を付けます。

3.柳下さんがピアノ、スタッフの須藤さんがタンバリンで音を出します。

それぞれがメロディー(ピアノ)と効果音(タンバリン)

としているのはわかったかな?

メロディー班&リズム班にわかれて、『COCO』に音楽をつけます。

映像を3パートにわけて、それぞれの場面で違った音を作っていきます。

 

「’大きな頭’から逃げているとき」「震えているとき」「落ちていくとき」、

それぞれの場面を何度もみます。

 

ピアノはメロディーをつくり、

リズム班は打楽器を選んで練習。

 

練習を重ねて、最後にみんなで演奏。

 

ここお昼の休憩に入ります!

 

 

3分間ビデオ制作入門講座2022 14期生募集!

今年も高校生~一般の方向けで好評をいただいているビデオワークショップ

「3分間ビデオ制作入門講座2022」を行います。

14期生の募集です。みなさまのご参加をお待ちしております。

<チラシPDFのダウンロード(表)ダウンロード(裏)こちらから>

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

あなたもつくれる3分間ビデオ説明会~14期生の作品上映つき!~

参加しようか? わたしにできるの? なにがいるの?

講師が、講座内容や機材についての疑問、質問に直接お答えします!

(無料!申し込み不要!出入り自由)

【9/10(土)】 14:00~16:00 <13期生の作品上映つき!>

会場:新百合トウェンティワンホール 第二会議室(地下2F)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

講師は映画監督!

まずは3分!「伝えたいこと」を映像にしよう

.

ビデオ初心者の方でも大丈夫

押入れに眠っているビデオカメラを救おう!

.

ビデオカメラやタブレットで撮影、そしてパソコンで編集を行い、映像作品をつくり、上映会で発表するまでの映像にまつわる一連の活動をすべて体験しようというワークショップです。

.

【講座】 全10回開催日 <土曜日開催(ただし最終上映日のみ日曜日夕方開催)>

★2022年 10/22、10/29、11/12、11/19、12/3、12/17 <14:00-16:30>

⇒2023年 1/7、1/21、2/4 <14:00-16:30>

★および上映会の2/19(日)の夕方

.

【会場】 新百合トウェンティワンホール 第2研修室(地下2階)

※小田急「新百合ヶ丘駅」北口より徒歩2分

.

【講師】 土屋トカチ(映画監督)、村上浩康(映画監督)

.

【主催】川崎市アートセンター

【協力】新百合丘トゥエンティワンホール

【後援】「しんゆり・芸術のまちづくり」フォーラム

.

川崎市アートセンター

3分間ビデオ制作入門講座2022 14期生募集

.

●第1回 イントロダクション

編集ソフトと必要機材の確認(使用するパソコン、カメラの相談を受けつけます)

●第2回 映画の構造を知ろう

カメラの基本操作、撮影の基本を、ニュース映像を見ながら学びます。

●第3回 撮影実習-1

川崎市アートセンターの撮影に挑戦しましょう

●第4回 撮影実習-2 >>新百合ヶ丘でのインタビュー

●第5回 編集基礎-1 >>撮影した素材の整理、構成と編集ソフトの説明

●第6回 編集基礎-2 >>パソコンへの取り組み方法とタイムラインの理解

●第7回 編集基礎-3 >>映像編集、音やナレーションの挿入の実践

●第8回 編集作業-1 >>編集のブラッシュアップ

●第9回 編集作業-2 >>作品完成へのフォローアップ

●第10回 日曜夕方 上映会 @川崎市アートセンター

.

アルテリオ映像館(映画館)で作品を上映します。

.

※第1回~9回は14:00~16:30、第10回は夕方予定

.

■よくある質問にお答えします!

.

Q1.カメラもパソコンも初めてなのですが受講可能ですか?

.

A. 講座全体は編集が初めてのかた向けに進めます。経験者のかたにもプロのコツが学べると好評です。

.

Q2ビデオカメラを持っていないのですが...

.

ビデオカメラは有料レンタルもご利用いただけます。これまでにビデオカメラでなく、スマートフォンやタブレットで撮影するかたもいます。

.

Q3 ノートパソコンでないと参加できませんか?

ノートパソコンをご家族、ご友人からお借りになることをお勧めしています。

.

Q4 講座に向けて機材・編集ソフトを準備したいのですが、まずは買って参加した方がいいですか?

.

講座前の新規購入はお勧めしていません。まずはお手持ちの機材を持参ください。ビデオカメラ、パソコン、編集ソフトについて第一回に説明し、各自の相談に応じます。

.

【募集概要】

.

全10回、4ヶ月で3分間の作品制作に挑戦します。ビデオ初心者の方を対象として講座を進めます。撮影・編集・上映会で発表をするまで、基本的な技術を身につ け、「私の視点」の作品を社会に発信することを目指します。完成作品は川崎市アートセンターアルテリオ映像館で上映。「撮影したけれど、どう 編集したらいいのかわからない」「作品を上映したい」「YouTuberのノウハウを知りたい」というかたにおすすめの講座です。

.

■定員:16名

■対象:高校生以上

■参加費(税込):全10回

一般 20,000円

学生・本講座リピーター割 18,000(要学生証提示)

<別途、映像編集ソフトを準備いただきます。講座の基本ソフトは以下に紹介しています>

■会場:新百合トウェンティワンホール 第2研修室(地下2階)

.

■必要機材(各自ご準備ください)

1.ビデオカメラ<有料レンタルあり(講座を通して3,000円)>

2.ノートパソコン<OS(Windows)の使用を基本とします。受講後にご案内いたしますので、事前に購入いただく必要はありません。その他の編集ソフトも可能な限り対応します>

3.イヤフォン

4.編集ソフト 講座ではPowerDirector Standatd(6000円程度/Windows対応)を使用し、説明します。開講後に各自のパソコンにあったソフトをご案内いたしますので、事前に購入いた だく必要はありません。その他の編集ソフトも可能なかぎり対応します。MACの方はインストールされているiMovieを推奨しております。

※必要機材や内容に関して、質問がある場合は、申し込み前に担当者までご相談くださ い。

.

■応募方法:往復ハガキにて

①氏名②年齢③性別④住所〒⑤電話番号⑥メールアドレス⑦ビデオカメラの有無⑧ノートパソコンの機種<Windows・Macの別>⑨編集ソフト(すでにお持ちのかたのみ)

.

■応募締切2022年10月7日(水)必着

★定員をこえた場合は抽選となります。結果は10/14に返信用ハガキにて発送予定。

.

<宛先>〒215-0004

川崎市麻生区万福寺6-7-1

川崎市アートセンター「3分間ビデオ制作入門講座」係

.

■講師

土屋トカチ(つちやとかち)

1971年京都府生まれ。映画監督。映像グループローポジション所属。デビュー作『フツーの仕事がしたい』(08年)で英国・レインダンス映画祭及びドバイ国際映画祭においてベスト・ドキュメンタリー賞を受賞。『アリ地獄天樂』(19年)が独・日本コネクション観客賞、米・ピッツバーグ大学日本映画ドキュメンタリー映画賞グランプリ受賞。現在、新作準備中。

.

村上浩康(むらかみひろやす)

1966年宮崎県生まれ。映画監督。2012年「流 ながれ」にて文部科学大臣賞。2019年多摩川河口干潟を舞台にした連作『東京の干潟』『蟹の惑星』で新藤兼人賞金賞、文化庁優秀記録賞、文化庁優秀記録映画賞、門真国際映画賞最優秀ドキュメンタリー賞、座・高円寺ドキュメンタリー映画祭大賞、キネマ旬報文化映画ベスト10入りなど。

【主催】 川崎市アートセンター

.

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺6-7-1

.

【お問い合わせ】

3分間担当(映像館 村上)まで

 

.

TEL・044-955-0107 FAX・044-959-2200

Email・artcenter@kac-cinema.jp

URL:https://kac-cinema.jp

 

夏休みWSFTの応募状況および当選について

夏休みWSFTの応募状況および当選数のご報告を致します。

多数のご応募ありがとうございました。

全申込数161名→全当選54名

◆8/6(土)映画音楽(定員8名)

応募12名、当選8名(1.5倍)

◆8/7(日)8(月)映画弁士(定員8名)

応募12名、当選8名(1.5倍)

◆8/12(金)作画アニメーション(定員8名)

応募37名、当選8名(4.6倍)

◆8/15(月)キノーラ 午前(定員15名)

応募69名、当選15名(4.6倍)

◆8/15(月)キノーラ 午後(定員15名)

応募31名、当選15名(2.1倍)

夏休みワークショップフェスティバル2022参加者募集!


川崎市アートセンターでは、夏休みを利用して6つのワークショップを開催いたします。演劇と映画、アートセンターならではの体験を通じて発見しよう!みなさんの参加をお待ちしています。

——————————————————————————————————–

ワークショップの開催は新型コロナウイルス感染症拡大予防に配慮して開催いたしますが、やむをえない事情により内容等の変更・中止となる可能性があります。開催に関しましては、開催日の前日に当ホームページに掲載いたします。

——————————————————————————————————–

チラシのPDFおよび、

小劇場主催のA、Bに関しては、こちらより(小劇場のホームページに掲載)

——————————————————————————————————–

 

C 映像の音づくりに挑戦 映画音楽vol.9

映画がはじめて上映された127年前、音はありませんでした。

映画館には楽器を演奏する人が映像に合わせて演奏していました。この音楽家(楽士)に挑戦しよう!

日にち:8月6日(土)9:30~16:00(サイレント映画の鑑賞付き!)

対象:小学4年生から中学3年生 / 定員:8名 / 参加費: 1,000円

講師:柳下美恵(やなしたみえ)サイレント映画ピアニスト

<注意事項>●昼食をお持ちください。●持参できる楽器があれば、はがきにご記入ください。●発表会を15:40を予定。

 

D 弁士ってなあに? 映画弁士vol.5

映画に音が無い時代、映像の横でセリフを話したり、説明したりする活動写真弁士が大活躍しました。台本をかき、弁士になって発表します。

日にち:8月7日(日)9:30~16:00と、8月8日(月)10:00~12:30の2日間 (サイレント映画の鑑賞付き!)

対象:小学3年生から6年生 / 定員:8名 / 参加費: 1,500円

講師:大森くみこ(おおもりくみこ)活動写真弁士

<注意事項>●8/7(日)はお昼をお持ちください。●発表会8/8(月)12:00を予定。

 

E 絵を動かそう!作画アニメーションvol.1

自分で描いた絵が動いて見える作画アニメーションに挑戦しよう!アニメーションの道具をつかって、少しずつ動く絵をたのしもう!

日にち:8月12日(金)9:30~16:00

対象:小学4年生から6年生 / 定員:8名 / 参加費: 1000円

講師:りつやりつこ 映像作家、イラストレーター

 

F むかしの映画?キノーラをつくろう! キノーラvol.7

アニメーションはどうしてうごくのかな?映画はどうしてうごいて見えるのかな?昔のひとが楽しんだキノーラに挑戦して、その不思議にせまります。

日にち:8月15日(月)①10:00~12:30 ②13:30~16:00

対象:小学1年生から6年生 / 定員:各回15名 / 参加費: 500円

講師:大髙那由子(おおたかなゆこ)アニメーター/イラストレーター

<注意事項>●F①、F②のどちらかをお選びください。

 

 

【応募方法】

往復はがきに必要事項をご記入の上、ご応募ください。

<往復はがき1枚につき、1講座1名の申し込みが可能です>

※消せるボールペンでの記入はご遠慮ください。

 

[往信面]

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺6-7-1

川崎市アートセンター ワークショップ担当

※右側は空欄にしてください。

 

[返信面]

(1)希望ワークショップ名 <A~F ①午前、②午後の希望>(記入例:F②キノーラ)

(2)参加者氏名(ふりがな)

(3)学校名・学年

(4)住所(〒も)

(5)電話番号

(6)保護者氏名

(7)参加希望理由(Cの方は持参できる楽器があれば記入)

 

 

【応募締切】2022年7月13日(水)必着

(参加の可否:Aは7月14日(木)、B~Fは19日(火)に発送予定)

【応募にあたってのご注意】

※参加は申込者に限ります。発表会以外の付添・見学はできません。

※記載に不備がある場合は申込受付ができません。

※応募者多数の場合は抽選となります。

※参加費には保険料が含まれます。

※ワークショップの活動は写真等で記録し、川崎市アートセンターの広報等で使用することがあります。

 

【開催について】

新型コロナウイルス感染症拡大防止等のため内容等の変更・開催中止となることがあります。実施に関しましては前日にホームページに掲載いたします。https://kawasaki-ac.jpをご覧いただくか、電話でお問い合わせください。

 

【参加について】

キャンセルされる場合は当日を含めご連絡ください。(キャンセル料なし)044-955-0107

 

—————————————————-

主催・会場 川崎市アートセンター

後援:川崎市教育委員会/NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり

 

 

リュミエール映画+ vol.10 3日目_3/28(月)_ ⑥上映会

 

上映会です。

【A班 四年三組のけいじばん】

 

【B班 ドッキリ かくれんぼ】

 

 

【C班 流行りのゲーム】

 

 

【上映会】

講師の昼間行雄さんの挨拶です。

みんなのリュミエール映画(50秒)の

3作品(全員で、個人で、グループで)

の上映はじまりはじまり!

 

 

1作品目、『工房の出口』の監督に話してもらいました。

次に、各自の民家園(2作品目)の映像を見てから、

話をしたい子にマイクを向けてみました。

【班の上映】

それぞれ役割と、難しかった点や面白かった点に

ついて聞いてみました。

<A班>

 

掲示板の細かい演出と

マジックが見どころ!

<B班>

アップになるシーンが上手につながっています。

かくれんぼ、最後終わったようで終わっていないところも面白いですね。

<C班>

「ゲームの規則を知らずに、無邪気に参加したスタッフは、、、」

笑いがおきていました。

*  *  *

それぞれの班で制作は、難しかったこともあるようですが、

仲間やスタッフと話し合いをしながら撮影することで、

50秒という短い作品ですが楽しく参加できたようです。

 

最後にみんなで撮影!

参加し照れた皆さん、

講師の昼間さん、

スタッフのみなさん、

ありがとうございました!